レーシック手術の後遺症とは

光を眩しく感じる症状に注意


数年前から視力回復の方法として人気が高まっているレーシックですが、意外とその危険性や後遺症については知られていません。まずレーシックは100%視力を回復できるものではないことを知ってください。何割かの人は数ヶ月以内に元の視力に戻っています。これは多くの芸能人もブログで語っています。また、後遺症として光が眩しく感じるようになります。


これは目を切り開きレーザーを当てたことによる後遺症で、術後24時間は専用のサングラスで光を完全にシャットアウトしなければなりません。つまり社会人なら平日や日曜日にレーシックを受けるのはほぼ無理ということになります。(24時間どころか48時間耐える必要がある場合もあります)サングラスをかける理由は光が眩しくて目を開けていられないからです。24時間経過後もこの症状は残り、以前よりも眩しく感じるようになったとレーシックの後遺症についてほとんどの人が語っています。


ここまで読んで頂いたらわかると思いますが、レーシックは必ずしも安全とは言い切れません。しかも面倒です。危険がなく、確実に視力回復をしたいなら視力矯正トレーニングソフトを使うべきだと私は思います。実際私はレーシックもトレーニングも受けてみて、先にトレーニングを受けるべきだったと後悔しているくらいです。それくらい決定的に効果や後遺症に違いがあります。

  • ログオンのために必要なパスを忘れてしまったらWindowsのパスワード解析をソフトでやると解除できます。 レーシック失敗の話はあちらこちらで聞くので保険について調べておくべきです。 検索エンジン最適化の仕事をしている人なら検索順位ツールでチェックするのが当たり前です。 犬や猫の動画DVDを作成する場合にはYoutube保存ソフトをインストールしてください。 目を鍛えるために速読フリーソフトを活用している方が増えているそうです。